こんな人の裏側。

ブログ運営に関する事とか、語りたい事とか。

デザインより記事!!自己満足よりアクセスアップを重視せよ!

こんにちは、インコです。 誰かサイトのデザインにこだわって記事が書けなくなって困ってる人はいませんか? 私も困ってるので今回は自分を抑える為にこの記事を書きました。 自分に向けて言っている部分もある為かなり偉そうな言い方になってしまってますが、 もし宜しければお付き合いください。

貴方のこだわり?問題の改善?

自分のサイトのデザインにこだわるのは当然の事です。 でもそのこだわりは果たして今、時間をかけるに値するものなのでしょうか?

読者が求めるものはコンテンツの内容なので 閲覧上で何かしら問題があるのであれば先に改善した方がいいですが、 基本的にデザインは「見づらい物でなければ問題ない」と思って大丈夫です。

勿論、自分のサイトですから自分好みのデザインにしたいでしょう。 でもそれは記事の投稿に慣れてから、ある程度の記事が書けた後に 手を付ける事をオススメします。 投稿できる状態になったらまず、出来る限り記事作成に集中しましょう。

記事を最優先する理由

記事が検索に反映されるのには多少時間がかかりますので、 先に書きたい事を書いてネタ切れになってきた際に、 気分転換がてらデザインやカスタマイズに手を入れた方が 早くアクセスアップに繋がります。

アクセスが増えてきたらワクワクしますし意欲も沸いて来ます。 でもアクセスが増えるのは「記事があるから」です。

ちょっと記事を書いた位で記事以外の事に頭を悩ませてしまうと ああだこうだ行き詰ってしまっている間に 記事を書く意欲や、記事を投下するタイミングを逃してしまいます。

せっかく良い事を思いついても(このデザインが綺麗にできたら…)と 後回しにすると、他の人に先に書かれたり、上手く文章にできなかったり…。

イデアがお蔵入りになるのは勿体無いの一言に尽きます。

サイトのロゴ、ヘッダー画像、背景、見出しの背景、 プロフィールイラスト、バナー、アイコン…。 そういった、サイトを華やかに彩ってくれるアイテムは 先に書きたい記事を書ききってからでも遅くはありません。

他人が求めるもの

自分がこだわる程、他人は「記事」以外の部分にさほど興味を持ちません。 自分がこだわるのはあくまでも自己満足です。 それを悪いとは言いませんが、そこで行き詰ってしまうのは勿体無いので 詰まってしまったら、あまり悩まずに一旦諦めてしまうのが得策です。

変にこだわらなくていいし、悩まないでいいんです。

お店の中に入ったとして、余程汚いなら不快な思いもしますが 大抵は綺麗で片付けられていれば特に何も思わないでしょう?

センスの良いデザインや小物で「お洒落~!」と思う店もありますが、 これだけセンスがいいなら料理も美味しいはず!と過剰に期待してしまう訳ですね。 料理が美味しくないと(お洒落な割には…)と逆にデメリットにもなり得る訳です。

センスが良くて料理が美味しければ文句の付けようも無いですが 別に料理さえ美味しければ他はそれを邪魔しないレベルで良い訳です。

他人が記事以外に求める物は 「デザイン性」より「利便性(ユーザビリティ)」です。 読みやすい・見やすいサイトはリピートに繋がりやすいです。

デザイン性と利便性は共通してる部分もあります。

背景を単調な色ではなく綺麗なものにしようと画像を用意すれば その画像を読み込む手間がかかります。重いものであれば尚更。 キャッシュ等使うにしても、過度に装飾するのは 利便性を落とす事にもなりかねるので注意したいところです。

このサイトではアイキャッチを表示させてますが、 表示させる記事が多ければ多いほど読み込む画像や処理も増えるので 関連記事や新着記事の表示数には気をつけた方が良いかもしれません。

読みやすくする為にフォントを変えたり文字の間や行の間等を調整するのは 利便性の向上に繋がりますが、webフォント等の外部読み込みのフォントは 読み込み速度と相談した上で使った方が良いでしょう。

絵日記サイトなら「最初のページへのリンク」をサイドバーに貼ると便利です。 古い記事から時系列を追って読めるのが有難かったので自分も取り入れてます。 最初のページへのテキストリンクを ウィジェットに貼ってサイドバーに入れておけばいいだけなので簡単です。

他に、タイトル内に下ネタ注意とかマンガあり、など 実際にページを開く前に何があるか分かりやすいタイトルの書き方も 読む人が自分で地雷を回避できるのでこれも便利です。 (私はタイトル長くなるのが面倒でカテゴリ表示させてますが)

今回のまとめ

1に記事、2にユーザビリティ、3にデザイン。

とにかく記事を書かない事には人が来ないので 先に書きたい事を書ききってしまって、 それと平行して読者にとって必要なものを考えて、揃えて、 一息ついてからデザインに取り掛かりましょう。

デザインの事を自己満足と言ってしまうのは それだけ自分のサイトを彩るのが自分にとって楽しい物だからです。 でもその楽しさは、見てる他人にはなかなか伝わらない。

自分が今まで見てきたサイトで便利だな、って思った所は どんどん取り込んで、より良いサイトにしていきましょう。