こんな人の裏側。

ブログ運営に関する事とか、語りたい事とか。

絵日記サイトのススメ・1!サイト運営前に決めて起きたい2つの事!

こんにちは、インコです。

このサイトを見る人の中には自分も絵日記サイト作ってみようかな?と考えてる方もいると思います。

思い立ったが吉日!とぶっつけ本番で経験しながら学ぶのも楽しいのですが、 作る前に知っておいた方が良い事や、決めておいた方が良い事があります。

実際、私もサイトを作った後で 「あー、こうしておけば良かった!」 「こうしておいて良かった!」 と思った事がいくつもあるので、

1つのシリーズ物としてそれらの経験をつづっていきたいと思います。 題して「絵日記サイトのススメ」です。

自分が運営してるのが絵日記サイトなのでこう書いてますが、 創作作品を載せる場合でも応用できる事も書いていきたいと思います。

※一般的にwordpressで良く見かけるお役立ちサイトとは勝手も事情も違うので、ご注意ください。

今回はサイトを作る前に考えておきたい重要な事を2点ご案内します。

サイトを作る目的を明確にしておく

漫画や絵を描くのが好きな人の中には、 それを皆に見てほしい、感想が欲しい、 そしてあわよくば収入に繋げたい…と夢見る人も多いはずです。

ネットの無い時代はは多くの人に自分の作品を見てもらおうとした場合、 同人誌や持ち込み、文通など…手間と費用がかかる方法しかありませんでした。

でも、今ではネットで気軽に自分の作品を公開できるようになりました。

稼ぐ事に関しては浅はかな夢と笑う人もいますが、実際それを収益に繋げた方がいるのも事実。

「もしかしたら」の可能性は以前よりずっと身近になったのです。

…と、夢を持って言ってみても実際はそう簡単な話でもないのですがorz

ネット環境があるのは皆同じです。 自分以上に上手な人も数多くいる中で 創作で大きな収益を得るというのは簡単な話ではありません。

でも宝くじは買わなきゃ当たらないのと同じで、何でも行動してみないとどうなるか分からないものです。

見てほしい、知ってほしい、褒めてほしい、稼ぎたい、誰かの助けになりたい…。

動機は人それぞれ。色んな感情が混ざっていて良いんです。 私も「見てほしい、あわよくば稼ぎたい」という気持ちで運営してます。

特に絶対毎日更新しなければいけない!とは思っておらず、「できる時に更新する」位の気楽な感覚です。 更新に集中しすぎてリアルが崩壊するのは怖いですから。

何故このサイトを作るのか、作ったのか、どう続けていきたいのか。 最初に目的を明確にしておく事で、後々悩んでもブレずに済みます。 (もしブレた時も原点に戻りやすい)

名前をどうするか。本名を使うことの危険性!

ネット上で活動するなら当然、名前が必要です。ネット上に自分の本名を出すか、別の名前を作るか…。

先に結論から言うと「別の名前を作る」事を強くオススメします。

少々くどい話になってしまいますが、 本名のデメリットを説明しますね。

リアルでの話題づくりになる…「が」。

自分がwebで作品を公開していると言えば、話の種になるでしょう。

「あの話面白かったね!」と言われると嬉しい物ですし、見てくれる人が傍にいると励みになります。

アクセスアップにも繋がりますし、色々協力してくれるかもしれません。

でも知られたくない人に知られたら?

貴方が苦手な人間もしくは貴方の事が苦手な人間が貴方がサイトを持っていると知ったら…どう思うでしょう?どんな行動を起こすでしょう? 悪意を持つ人は何でもかんでも悪い方向に捉え、吹聴します。

貴方は隠してるつもりでも貴方の友人はバラすかもしれません。

友人は貴方のサイトに何の責任も持ってませんし、秘密にしてと言ってもつい口が滑る可能性はあります。

それに対して怒ったら「見られたくない人がいるなら嫌ならネットに公開するなよ」位の事は思います。

知られたくない人が1人でもいるなら、本名での活動はやめましょう。

素性をはっきりさせる事でサイトの信頼性が高まる…「か」?

顔を出す事で信頼性に繋がったり他のサイトとの差別化をはかれる、と顔出しを薦める記事も見かけます。

相手の顔が見えるというのは確かに信頼に繋がるかもしれません。 芸能人や著名人の多くは本名も顔も出してます。だからこそ一定の人気や信頼を得られている。

でも法人や芸能人はともかく、個人が趣味でやってるサイトにそこまで信頼性って重要でしょうか?

個人的には自撮り写真で本名を公開してる人に対しては、 (ネットに写真と本名載せて大丈夫なのかな…変な事に巻き込まれないかな?) と余計なお世話ながら心配になったし、信頼性は下がる事の方が多かった。

周囲に気を使って好きな事がかけなくなる。

創作系の場合、(え…こんな人だったんだ…)と幻滅される事を恐れたり、 エッセイだとフェイク入れても誰の事を言ってるか身近な人は分かります。

別に悪く書こうと思っている訳じゃなくても相手に気を使ってしまったり、 自分の意図とは違うように捉えられて誤解されてしまったり…。

後で何か言われてしまう事を無意識に恐れて創作にブレーキがかかります。

悪意を持った人間から何されるか分からない。

真実と嘘がごちゃ混ぜになっている世の中で、何処の誰かも分からない人間に ネットに好き勝手書かれてもそれをデタラメと証明するのも手間がかかるし、

仮にそれが「自分にとって都合の悪い事実」だったら精神的にもしんどい。

相手は自分を知ってるのに自分は相手が誰か分からないという状況も、怖い。

そして標的は必ずしも「自分」とは限りません。家族や恋人に悪意が向けられる事もあるのです。

自分の名前が検索されると出る。アーカイブとして残る可能性がある。

自分の名前を検索されたら簡単に見つけられてしまうかもしれません。実際、私も知人や親族の名前を検索したらSNSが見つけた事があります。

あの人、何かやってるかな?と思って気軽に名前検索される事は意外と多いです。 もしそこに炎上要素があった場合…まあ、少し今後の付き合いを考えますよね。 しかも検索で自分の名前が出ても、それを全て消すのはほぼ不可能に近い。

ページを削除しただけで情報が全てが消える訳ではないんですよね。

検索で出るキャッシュはそのうち消えますが、ずっと情報を保存する「webアーカイブ」もあるので…。

本名のデメリットまとめ

以上が、私が感じた「ネット上で本名を使う事」に対するデメリットです。

私自身、極度のマイナス思考でなので心配しすぎかもしれませんが、 「本名で活動すればそうなる可能性がある」という事は覚えておいてください。

後ろめたいことがあろうとなかろうと、本名でネットに飛び込むのにはかなりの危険が伴います。

本名で活動してる人達はそれなりに自衛・対策をしてるか、 (本名と言っても本当に本名なのか、多くの読者は分からないですし)

何も対策してないが運よくまだ被害にあっていないか、 何かしらの被害にあっているがネットでは言わないだけ、のどれかです。

別名のメリット

本名公開のデメリットになる部分は別名にすればメリットになります。

・好きな事を好きなようにかける ・問題に巻き込まれるリスクを減らせる ・トラブルに発展した際は最悪、ネットから離れる事で解決できる事が多い。

一言で言えば別名にする事で「実害を最小限に抑えられる」事が最大のメリットと言えます。

例えネットで悪評が漂ってしまったとしても、そこに残るのは仮の名前です。そこから本名を特定しようとすればかなりの手間はかかるので、(よっぽど人の逆鱗に触れるような非常識な事をしなければ)そこまで追いかけようと思う人も希少でしょう。

まだまだネットは匿名の世界です。だけど一度トラブルを起こしたら、身元特定されるのは時間の問題。

どれだけしっかり防衛していても常に身バレする可能性はあります。 (※身バレ…身元が特定される事。)

もちろん、そういう状況にならないようにするのが一番なので、本名を出さないにしてもネット上では慎重に行動しましょう。