こんな人の裏側。

ブログ運営に関する事とか、語りたい事とか。

絵日記サイトのススメ・2!自分の作品を公開する方法を4つ紹介!

こんにちは、インコです。

前回はサイトの基本方針と本名を使うかどうか、についてお話しました。 次は「何処で活動するか、どんな収益を求めるか」をご案内します。

公開する方法と場所を決めよう!

webで自分の作品を公開して、見てもらいたい!収入に繋げたい!と言っても、実は色々方法があるのです。どれが自分に合ってるのか、参考にして頂ければ幸いです。

どういう方法で自分の作品を公開するか

ネット上で収益を得る方法は数多くありますが、「自分の作品を元に収益を得る方法」に絞るなら

・作品に人気が出て色々依頼が来る ・自分のブログが人気が出て、公式ブロガーのお誘いが来る ・自分のサイトにアフィリエイトや広告を貼って収益を得る ・自分で作った作品を販売する

などがあります…探せばまだまだあるかもしれませんが、どれもけして簡単な道ではありません。 そして共通の絶対条件としてまず「作品を公開する場所」が必要です。

web上で作品を公開する場所はいっぱいあり、それぞれ特徴があるので紹介していきます。

作品を公開する場所を探そう!

大手ブログサービスに登録

自分の作品をwebで公開すると聞いて、真っ先にこれを思いついた人は多いはず。

広告収益に制限がある所も多いですが、無料の上にサポートが手厚い所も多く、

公式化すれば収益や書籍に繋がる為、 web初心者や気軽に始めたい方にオススメの方法です。

人(サービス会社)と協力して運営する物なので、人によってはそれが後々負担になる可能性はあります。

オススメ度:★★★★★

・ブログサービスの特徴 ◎無料で気軽に始められる。 ◎テンプレートやプラグインが豊富。選ぶだけで素敵なブログになる。 ◎人が来やすい環境が整えられている。 ○人気が出れば公式ブロガーとしてお誘いがかかるかも? (公式ブロガーになれば収入が入る) ○セキュリティ関連はブログサービス側がやってくれる。 ○ブログサービスの中ではアフィリエイト可能な物も! △ブログサービス側の広告が強制的に表示される △著作権等の規約が厳しい所もある △アフィリエイト系が禁止の所は人気が出るまで収益は無い △サーバが遅くなっても自分の判断で改善・対処できない。 △将来、自分の思うどおりに運営出来なくなる可能性がある

レンタルサーバ等で自分でサイトを構築

自由なのはいいのですが、サポートがない分、ちょっとハードルが高く中級者~上級者向けの方法です。

ブログサービスに抵抗がある方や広告収入メインで動きたい方に向け。

集客に積極的に動けない人は辛い(※私です)。

オススメ度:★★★★☆

・自作サイトの特徴 ☆何のしがらみもない ◎自分の思うように設定できる。 ◎自分で広告を貼り付ける事で自由に広告収入を得られる。 ○人気が出れば仕事の話が来るかも? △レンタルサーバは基本的に有料(無料の所もあるが…) △サイトの構築に手間がかかる。 △集客は自分で。 △セキュリティも自分で。

pixiv等の作品投稿サイトに登録

webで作品を公開した事が無い人やSNSで公開する事に抵抗がある人は、まずこういう所に投稿してみてもいいかもしれません。

人が多い所はすぐに投稿が流れたり思うような反応が無くてちょっと寂しい思いをするかもしれませんが、反応があると嬉しい物です。

オススメ度:★★★☆☆

◎無料で気軽に始められる ○投稿するだけで色んな人に見てもらえる ○人気が出れば仕事の話がくるかも? ○サイトへの誘導ツールとしても使える △コメント欄の管理は面倒臭い時も…。 △声がかかるまで収益は見込めない

ツイッター等のSNS

ブログやサーバを借りるより手軽ですし、SNSによってはアクセスも十分見込めます。

オススメ度:★★★★☆

◎無料で気軽に始められる ◎拡散されて一気に有名になるかも!? ○サイトへの誘導ツールとして使える ○有名になれば仕事の話が来るかも? △声がかかるまで収益は見込めない △身バレの危険性が他のツールより高い

ネットで作品を公開する事のデメリット

ネットは良い事だけではありません。上記ツールで作品を公開する上で共通のデメリットとして

・変な人に絡まれる可能性がある ・アクセスや返信が気になってネットに貼りついてしまう ・ID・PASSが見抜かれ乗っ取られる危険性がある

等がありますが、それはwebの性質上どうしてもつきまとうものです。

セキュリティに気を払い、多くの人が見てる事やネットと現実を区別する事を意識しましょう。

ネットで作品を公開する上で大事な事

上記ツールを色々併用したり、流行の情報を取り入れたりして色んな人に見てもらう事が有効です。 人目に付けばつく程人気が出てくるのも早いと思います。

それでも投稿してすぐに公式化やお仕事のお誘いが来る訳ではないので気長に続ける根気は必要です。

記事は書けば書くほど溜まって価値のある物になっていくので、まずは「毎日更新!」と気負わず、楽しいと思えるペースで続ける事が肝心です。

やってみたいけど続けられる自信が無い方は環境が整うまでイラストや漫画を書き溜めておいて、準備が出来てから少しずつ公開する…という方法もありです。

ストックがあれば、余裕を持って運営できますし、毎日決まった時間に投稿するとリピーターも付きやすいので個人的にはオススメです。

そしてどのツールを選んだにせよ最初はプロフィールやデザインなど考える事が多くて、作業中つい時間を忘れる事が多くなりがちです。

熱中しすぎて普段の生活に支障をきたさないよう、くれぐれも体調に気をつけてくださいね。