こんな人の裏側。

ブログ運営に関する事とか、語りたい事とか。

wordpressで絵日記ブログを1年続けてみた結果を正直に書く!

f:id:konhito:20180614174049j:plain
自分の描いた絵や漫画で、何かを伝えたい!見てもらいたい!
それて少しでも稼げたらいいな…!!
私(@k_inko)がそう思ってwordpressで 立ち上げた「こんな人も生きてます。」が、もう運営して1年以上経ちました。

今回はwordpressを1年使った感想と、wordpressで絵日記ブログを始めるのは(余程交流に力を入れない限り)オススメ出来ない事をお伝えします。
これから絵日記ブログを始めたいと考えてる方の参考になれば幸いです。

特に乳幼児ママはwordpressと相性悪いよ!

絵日記ブログでwordpressをオススメ出来ない訳

1・検索流入が殆ど無い!人が来ない!

wordpressの売りの1つに「検索流入」があります。
検索流入とは文字通り、検索サイトを使ってやってきた人たちの事です。

検索してすぐ表示されるページに出るほど程、検索流入は増えます。 しかし、上位のページに入る為にはある程度文章の量が必要です。

でも、絵日記ブログを見る時って、何を求めてますか?
少し時間がある時にちょっと面白い物を読みたい、そういうちょっとした日々の楽しみとして読む方が多いです。

毎日そこに長文が付いていても読む気になりますか?漫画だけ見て閉じたりしませんか?
書いてる側も日々の出来事を長文で書くのはかなり大変です。

毎日絵と長文書くのキツい…!

毎回題材を探してそれに対し長文で考察を重ねて…など方法はありますが、それは記事ブログでも出来る事ですし、今の時代、そういうブログが既に五万とあります。

イラスト、という武器を持って飛び込んでいくとしても、文章が作れなければ検索に引っかからず埋もれてしまいます。

私、1年間週5、6ペースで更新してましたが検索から来たのは大体1日1~2人です。

「3ヶ月書けば一気に検索流入で人が来る」って話を信じて更新してみましたが私のサイトには当てはまりませんでした。

見出しをつけてなかったからかな?と途中で見出しを付ける様にしましたが、状況は変わりませんでした。

これには見出し以外の大きな原因があったからです。
まず記事の文字数の平均が大体200~500文字。これは圧倒的に少ない。

頑張って500文字以上書いた時期もあったけど、1000文字以上を毎日コンスタントに書く程の気力はなかった…。

後はよく言われるキーワード、これに引っかかる文言を探し出せなかった。
予想外にも「トウモロコシの天ぷらが爆発した話」「灯油で靴が溶けた話」等の話が検索で上位に表示されて、そこから来てくれる人はポチポチと来ました。

なので上手くキーワードが当てはまれば検索から人が来るのは間違いありません。
しかし描きたい物をただ書き連ねるだけでは、なかなかキーワードには当てはまらないし、人は来ません。

文章量で言えばお役立ちやまとめ等の記事サイトの方が圧倒的に有利。
たまたま誰も書いてないような文言で上位に表示されても、そういう文言で検索する人もあまりいないので大きな集客にはつながりません。

検索流入は「答え」を求めてる

検索する人の多くは「答え」を探してるのであって、面白話を探してる訳ではないんです。
検索して絵日記ブログが表示されても

(今こういうの読んでる場合じゃないんだよね…)

と元にページに戻りやすく、結果リピーターにもなりにくい。

絵日記は「答えを示すものではない」から「答えを求めてる」検索流入とは相性が悪いんです。

資料探してる人に漫画渡してるような物なのね…。

答えも書いたブログに絵や漫画がついてたら、それはとてもいい武器になりますよ!

2・検索流入が駄目なら、SNSがあるじゃない!

SNSには一定の効果があります。むしろSNSを利用しないとwordpressで絵日記ブログは本当に厳しいです。

SNSならハッシュタグでジャンルを指定すれば見てもらえる確率はぐんと上がる。
何よりイラストで引き付けられるし、見てくれた人が「これ面白いよ!」と広めてくれたりする可能性もある。
検索流入よりよっぽど見込みがあります。ですが、これも一筋縄ではいかない。

人は簡単には来てくれない!

Twitterでブログ誘導じゃなく直接画像を上げる人、多いですよね。
せっかくブログがあるんだから誘導すればいいのに…と思うかもしれません。
しかし、そうするのはちゃんとした理由があります。

ただ単にブログ誘導しても人が来ないからです。

1クリックの手間じゃん、とは思うのですが実際見てる側になると毎回ブログに飛ばされると面倒臭くなるんですよね。
不思議な事に、ウィンドウが新しく表示されるだけでテンションが下がる。

なのでTwitter上で画像も上げて「この人のマンガもうちょっと見たい!」「文章読みたいな!」と思う人に来て貰う為に画像をあげてるのです(※twitter上で完結させた方がRT及びバズを狙いやすいのもあります)。

他のSNSでも、「ここから先はブログに!」って書いてある物全て読みに行きますか?

純粋なSNS閲覧者側からしたら、「SNSを見に来ているのにわざわざ別の媒体に行く」というのは実は結構面倒臭いんです。

私も移動するの面倒…って思った事何度もある…。

人は簡単に反応してくれない!


今からちょっと私の愚痴を含んだ体験談を話します。
1年運営してきて月間1万PVに達する月も出てきた!リピーターさんもいる!楽しみこの状態でSNS始めたら結構フォロワーさんついて、RTとかもされて一気にアクセスも増えるかも…?というゴールドラッシュを夢見てTwitterを始めてみたんですが…

Twitter開始して半年経ってもフォロワー30人に届かない時期が私にはありました。

これは、実力不足だとか、話が面白くないとかの話ではないのです。 ただ黙々と更新だけ続ける人に、人は声をかけにくいのです。

地道に描き続ければ誰か広めてくれるはず…という他力本願は見事に潰されました。

そこで初めて「他力を望むにも努力や工夫が必要」という事に気づきました。

この「裏側」では数記事しか書いてませんがたまにリツイートされたりもしてたので、閲覧者のタイプ(本人もサイト運営してるどうか・RTする事に抵抗があるかどうかなど)の違いがあるのかもしれませんが…。

ひきこもってたら滅多に声をかけられない…間違いない!

3・ブログランキングは人気のあるカテゴリと更新が命!



現在「こんな人も生きてます。」で集客力があるのは2つのブログランキングです。

ブログランキングについては可否を問う記事も結構見ますが、私はブログランキングは「賑わってるカテゴリ」に登録すれば結構集客が見込めるのでおススメします。
(※だからと言って全くジャンルが違うカテゴリに登録するのは駄目ですよ!)


ブログランキングに来る人は検索流入と違いブログを読む為に来てるので、そこに絵や漫画があると強い。絵日記ブログなら、ランキング登録は絶対にした方が良い!

無理にランキングの上位の目指さなくても、投稿すれば新着記事一覧に載るし人気記事ランキングに載れば人の目に付きます。
しかし更新しなければ人はどんどん減っていきます(更新停滞すると目に見えて分かる)。

管理が地味に面倒臭い!

これまでアクセスに関して延々と語りましたが、wordpressをオススメしない理由はもう1つ理由あります。

wordpressはサーバ上に置くブログ作成ツールなのでレンタルサーバ等でサーバを用意する必要があり、そして不定期にアップデート、それに伴うバックアップを取る事になります。

慣れれば大した手間ではないのですが、毎回本体やテーマやプラグインをアップデートする度にバックアップ取らなきゃならないのが地味に面倒臭いです。

後、新しいテーマや便利そうなプラグインが出てきたらどうしようかな…と何かを知るたび悩んだり試行錯誤する事も出てきます。

興味を持ってテーマやプラグインを探ってる時は楽しいんですが、興味が無くなってくると面倒臭い作業です。

あと、セキュリティにも気を払わなくちゃならない。「wordpress ウイルス」で検索して頂いたら分かると思いますが、wordpressの脆弱性をついたウイルス等に感染した際、wordpress自体消さないといけなくなったり、閲覧者も感染するタイプのウイルスが仕込まれる可能性があります。

何か起きた時全て自分で対応しなければならない、と考えると気が重くなりませんか?
それでなくても、テーマ、プラグインのアップデートやコード改造しての不具合を起こす事も結構あります。

wordpressを乳幼児ママにおススメできない理由は、「子供が傍にいる時にこういうトラブルが起きたらどうなるか?」という事です。

アクセスを取るか、子供をとるか…!!

ブログサービスもウイルスの心配が無い訳ではないのですが、セキュリティ面は普通の人よりずっと詳しい人達が管理してるはずですし、1つのブログだけが被害にあう事はPASS流出でもしない限り稀だと思います。

自分が全て管理してるブログより、ある程度ブログサービスに任せてる方が、何か起きた時「自分自身」にかかるプレッシャーは少ない。

wordpressにもメリットはいっぱいある

今回はwordoressの悪い所ばかり書いてしまいましたがwordpressにもいい所はいっぱいあります。
ブログでは手が届かない痒いところに手が届く、自分で色々改変できる所とか。

web関連(CSSやSEO等)に詳しい、wordpressに慣れてる、複数サイトを作ってガッツリ稼ぐ、外注を使って運営する、何より、wordpressだけに長時間集中できる環境にある人…そんな人達がやるならwordpressはほぼメリットしかない。

なので「稼ぐならwordpress!」とオススメしてる記事サイトを否定するつもりはありません。

だけど、趣味の範囲で1から始めるにはデメリットの方が多いんです。
テーマやプラグインやCSSについて調べる必要もあるし、お金もかかる。

要は有料・無料ブログに比べ人来ない、面倒臭い、金かかる、責任重いの4コンボ。

「ちょっと時間空いた時にマンガや描きたい事書いて、それを見てもらってお金が稼げたらいいな♪」って考えてる人とwordpressは相性悪いよ、と言いたいのです。

私がwordpressで続けていた理由

でも何だかんだ言ってあなた結局wordpressで続けてたじゃない?それってメリットあるからでしょ?と思うかも知れませんが、本当に、皆さんに勧められる程のメリットは感じません。

デザインや細かい所の微調整ができる所は気に入っているし、ブログに無い自由度があるのは確かです。
先ほども描きましたがwordpress自体が悪い訳ではないのです。 wordpressと絵日記の相性がかなり悪いってだけで。

私は「自分が好きなものを描ければ別に、お金なんて…」なんて綺麗事は言いません。
お金好きです。大好きです。稼ぎたいです。
ただ、自分が納得いかない方法でお金を得るのが嫌ってだけです。

・自分が描いたものを見て欲しい。でも不快な広告が出るのが嫌。
・お金欲しい。でも自分が嫌だと思う物で稼ぐのも嫌。
・自分が描きたくない物を描くのも嫌。
・自分が勧めたくない物を勧めるのも嫌。
・誰かに指図されるのも嫌。著作権を行使できないのも嫌。

これらの想いを通す為にお金は出してもいいけど、多くは出したくない。
HTMLに関して少しは知識がある。自分の思い通りに出来るなら多少面倒でもいい。

こうやって消去法で選んだ道がwordoressだっただけです。

「稼ぐならwordpress!」という煽りにつられたのもあるけどね…!

サイト運営して1年以上経っている今の時点でまだアドセンスからの収益が5桁に達してない、と言ったら私がどれだけ稼げていないかお分かり頂けるかと思います。
色々至らなかった点はありますが、私はwordpressでは稼げなかった。

そして私の中で「もっと多くの人に見てもらいたい」という思いが高まり、著作権問題とブログサービス側の広告を消せるなら、と2018年6月、独自ドメインのSSL化を機にはてなブログproに移転しました(いつかもっと人が来るようになったらwordpressに戻るかもしれません。)

まとめ

これまで私が感じてきた事を書きましたが、あくまでも今回は「初心者が始めるに当たって」を前提に書きました。
ある程度知名度のある方や多くのファンを持ってる人がwordpressを始める場合は当てはまりません。

あなたが何を優先させたいか、どんな事を描きたいか。どの位繋がりや知識を持っているか、どの位お金と時間を費やせるか。
それによって適してるツールは変わってくる事を念頭において、楽しく気軽に活動していただければ幸いです。

極力、記事に専念したいって人ははてなブログpro、おススメ!